マリコのつぶやき 赤裸々な本音を綴っている裏ブログ

公式ブログと異なり、マリコの赤裸々な話を載せています。

恋をするのは自分を知るための行為に他ならない

恋とは自分自身を発見する行為に過ぎないのだと思う。

 
人は恋をする時、相手を見ているようで、相手の中にある自分自身を見ているのだ。
 
相手を通して自分を知る…
相手に強烈に惹かれる時は相手の中に自分の半身があるのだ。
たとえどんな結果になったとしても、恋をしているその瞬間は運命の相手、なんだと思う。
 
そして自分の知らなかった自分を知ることでもある。
 
自分の弱さ
甘えたがりの自分
嫉妬深さ
いつもより美しくなったり
強くなったり
泣いたり
笑ったり
 
そんな普段知らない自分、フタをして見たくない自分と出会うのも恋。
 
f:id:mariko77kato:20170821084045j:plain

自分よりもっと大きな意思に任せることの大事さ

f:id:mariko77kato:20170503073831j:plain

ヨガの練習をするといつも気づきがある。

写真はブルガリアでヨガリトリートした時のもの。2016年8月。

 

私にとってヨガの練習って自分との対話。

自分の体を知るための行為。

 

朝の練習は目を覚ますため、な気がする。

に対して夜に練習すると何か「ひらめき」のような「気づき」のようなものがある。

 

今回のはすごく大きかった。最後のシャヴァーサナ。

寝転がって気づいたのが

あ、心臓って私の意思で動かしてるんじゃない!

ってこと。

 

あれもしなきゃ、これもしなきゃと焦ったり、

私が何かしなきゃ、と必死になったり、

何かしないとどうにかなる、と思ったり、

人はすごく一所懸命がんばる。

 

それもとても大事なんだけど、

私たちは大きな意思の前には無力だ

と思った。

 

自分の力でなんでもできるって思ってるけど、私たちは心臓を自分の意思で動かしたり止めたりすることすらできない。自分の体、自分の心臓なのに。

だから自分で何かしようとするのは、どれほど傲慢なことかと思う。

 

心臓が何も私が意識することなく動いて私を生かしてくれているように、きっと大きな意思も上で勝手に何かをしてくれている。

それは私の目には見えないかもしれないけど、確実に動いているのである。だから、自分ができることをしたら、あとはそういう大きいものに任せる。

 

私たちができることってどれほどあるのだろう。

雨を降らせることも川の水を止めることもできない。

作物だって、育てることはできても、作物を作ることはできない。

 

自分がやってるんじゃなくて、全て大きな力なんやなぁ、と感じた今日のヨガの自主練。

価値の話、続き。人間の価値って何で決まるのか?

昨日こんな記事を書いた。

 

mariko77kato.hatenablog.com

 

短く言うと

  • 人は自分の本来の価値というよりどれだけ価値があると思うかに支払う。 
  • 自分の価値を見積もってそれを伝える

というお話。特に私は2点目が大変苦手。

 

元はこちらの動画。


Know your worth, and then ask for it | Casey Brown

タイトルもズバリ

「あなたの価値を知ってそれを請求しなさい」

というもの。

 

出る杭は打たれるじゃないけど、こと自己主張したり、自分ができることを主張すると妬まれる。

 

そして親も含め、周りは自分の価値をダウングレードすることばかり言わないか?

価値を外の要素で判断してないか?

身近な人ですらそうだ。せめて自分の身内は外の価値ではなくその人自身の価値を見てもらいたいと思う。

 

 

あなたの価値はあなたの外の要素ではない

30歳になったときやっと大人になった気がしてすごく嬉しかった。

しかし母親は「姥桜」と言って嘆き悲しんだ。(注:21世紀の話です)

お見合いを必死にセッティングし、私が断ろうとすると

「あんたみたいに三十路を過ぎて高学歴で外国育ちで片親の人でもええって相手は言ってくれてはるのに、何があかんの!」

とえらい剣幕で怒られた。

 

彼女にとって人間(女性)の価値は

  • 年齢
  • 性別
  • 学歴

などで決まったのである。いわゆる社会が決める価値、であり「加藤まり子」という個人に対しての価値ではない。

それが、自分の子供に対してでも、なのである。 

 

なので、私は一所懸命その「価値」に応えるように自分をあわせていった。

 

当時の私。

f:id:mariko77kato:20170427030226j:plain

一所懸命「年相応」にしようとしていた。年相応=姥桜、である。

 

9年後(2017年)

 

一概に比較ができるものじゃないけれども

「姥桜」

の呪縛から解放されたらこんな感じになった。

 人間の価値は

  • 年齢
  • 性別
  • 外見
  • 年収
といった外部要因で決まるものではない。
今、収入は3年前の1/10、貯金はゼロに等しいが、それで「私」という人間の価値が目減りしたワケではない。

人の価値はただその人、というだけで十分なのだ。
自分の価値を社会的地位なんかで判断しないで欲しい。
あなたはあなたであるために生まれてきたのだから。

私は私になること以外何かになる必要はないのだ。「デミアンヘルマン・ヘッセ

 デミアン (新潮文庫)

デミアン (新潮文庫)

自分の価値をどれだけ伝えられるか TED


Know your worth, and then ask for it | Casey Brown

"People don't pay you for what you worth, but pay you for what they think you worth"

 

時たま見るがTEDは面白いスピーチが多い。

Casey Brownはプライシング・コンサルタント。商品の価格を決める為のコンサルだ。しかしある日彼女はあることに気がつく。

自分自身の適切な価格設定

である。

 

そして自分の価格が低いことに気づく。

しかし単価をあげて他の人に払ってもらえなくなったらどうしよう・・・

プロの彼女でもそんな不安が出たらしい。

しかし実際に単価を上げたが皆払ってくれた。しかも彼女だけでなく彼女のクライアントたちにも同じことが起きている。

 

 

単価はだれが決めるのか?

彼女のスピーチで大事だったこと。それは

「人はあなたの実際の価値ではなく、どれだけ価値があると思うかに対して支払う

というもの。

そしてどれだけ価値があると思わせるかは

  • 自分の価値を設定し
  • それを相手に伝える

ことによって可能だ、というのだ。

 

謙譲は美徳である。しかし卑屈になるのは謙譲ではなく一種傲慢であると思うのだ。

 

自分の価値を、他者の価値を評価するのと同じ目線で評価する。

そしてそれを、他者の価値を伝えるのと同じように伝える。

 

それが本当に他者と自分を同等に扱う、ということではないだろうか?