マリコのつぶやき 赤裸々な本音を綴っている裏ブログ

公式ブログと異なり、マリコの赤裸々な話を載せています。

価値の話、続き。人間の価値って何で決まるのか?

昨日こんな記事を書いた。

 

mariko77kato.hatenablog.com

 

短く言うと

  • 人は自分の本来の価値というよりどれだけ価値があると思うかに支払う。 
  • 自分の価値を見積もってそれを伝える

というお話。特に私は2点目が大変苦手。

 

元はこちらの動画。


Know your worth, and then ask for it | Casey Brown

タイトルもズバリ

「あなたの価値を知ってそれを請求しなさい」

というもの。

 

出る杭は打たれるじゃないけど、こと自己主張したり、自分ができることを主張すると妬まれる。

 

そして親も含め、周りは自分の価値をダウングレードすることばかり言わないか?

価値を外の要素で判断してないか?

身近な人ですらそうだ。せめて自分の身内は外の価値ではなくその人自身の価値を見てもらいたいと思う。

 

 

あなたの価値はあなたの外の要素ではない

30歳になったときやっと大人になった気がしてすごく嬉しかった。

しかし母親は「姥桜」と言って嘆き悲しんだ。(注:21世紀の話です)

お見合いを必死にセッティングし、私が断ろうとすると

「あんたみたいに三十路を過ぎて高学歴で外国育ちで片親の人でもええって相手は言ってくれてはるのに、何があかんの!」

とえらい剣幕で怒られた。

 

彼女にとって人間(女性)の価値は

  • 年齢
  • 性別
  • 学歴

などで決まったのである。いわゆる社会が決める価値、であり「加藤まり子」という個人に対しての価値ではない。

それが、自分の子供に対してでも、なのである。 

 

なので、私は一所懸命その「価値」に応えるように自分をあわせていった。

 

当時の私。

f:id:mariko77kato:20170427030226j:plain

一所懸命「年相応」にしようとしていた。年相応=姥桜、である。

 

9年後(2017年)

 

一概に比較ができるものじゃないけれども

「姥桜」

の呪縛から解放されたらこんな感じになった。

 人間の価値は

  • 年齢
  • 性別
  • 外見
  • 年収
といった外部要因で決まるものではない。
今、収入は3年前の1/10、貯金はゼロに等しいが、それで「私」という人間の価値が目減りしたワケではない。

人の価値はただその人、というだけで十分なのだ。
自分の価値を社会的地位なんかで判断しないで欲しい。
あなたはあなたであるために生まれてきたのだから。

私は私になること以外何かになる必要はないのだ。「デミアンヘルマン・ヘッセ

 デミアン (新潮文庫)

デミアン (新潮文庫)