裏ブログ:京大卒フィレンツェ公認ガイド 加藤まり子

公式ブログと異なり、マリコの赤裸々な話を載せています。

ビジネス成功のコツ1 客の立場に立ってみる

サービス大国と言われる日本だが、ときおり非人間的に感じる時がある。マニュアルは一つの指針であってそれが全てではない。サービスとはいえ、そこには人と人のコミュニケーションがあるべきである。

ただ言われたことをこなしているだけだったら、なんでこのお仕事をしてるのか、もう一度考えて欲しい。

そこに実はビジネスチャンスがあるかもしれない。

 

1. 客の立場に立ってみる

客の言うことを100%聞かなくていいが、客の立場に立って考えてみるのが大事。

ただいわれた通りにやるのではなく、なんでやるのか、どうされたら自分が嬉しいのか、そういうことを少し考えるだけで、商品(サービス)は変わり、リピーターが生まれる。

 

2. そのサービス、自分に対してもしますか?

客はマニュアル通りのサービスが欲しい訳ではない。

マニュアルなんて極端言えばいらない。

誠心誠意で対応すればいい。平身低頭ではない。

マニュアル通りにするサービス、それって自分に対しても同じことするか?

自分がして欲しいことは何か?

それを考えられる人が、人より頭一つ抜きん出るのである。

ライバルがなぜ勝てるのか?

文句をつける前に、自分の行動を見てほしい。

売り上げ数字のためにやるサービスには人は寄り付かない。

 

3. なんのために仕事してるの?

お金のためだけに人は仕事するのではない。

もちろんそれは重要な要素だ。

でも、あなたの仕事はなぜ存在するのか?

あなたはなぜ仕事するのか?

ただ言われたことだけをやります、と言う人には発展がない。

発展かない限り、昇給もない。

自分をどんな時にもより磨くこと。

それを心がけていると自ずと給料は上がっていく。

給料が安いと思ったらもう一度考えて欲しい。あなたは何のためにに働くのか?あなたの仕事は何のために存在するのか?

顧客の成長のため、自分の成長のため、仕事は存在するのではないか?

 

4. 新プラトン主義の哲学

 新プラトン主義では人は洗練されていない粗雑な存在として生まれる。

しかし、人生の中でいろいろなことを学び成長していく中で人間としてより洗練されていく。

そして最終的には天に近づいていく、と考えた。

 

f:id:mariko77kato:20171114094700j:image

フィレンツェのドゥオモの北側にルネサンス最大のパトロンであったメディチ家の宮殿がある。

メディチ家は新プラトンアカデミーを設立したことでも知られる。彼ら無しにはルネサンスが育つことはなかった。

 

この宮殿はその哲学を表している。 

建物の一番下の段は石が大きくゴツゴツしている。まだ洗練される前の人間。

真ん中はだいぶスムーズな石の置き方。いろんなことを学んだら人間として成長して洗練される。それを石の磨き方で表したのだ。

一番上は物理的にも天に近い世界。研鑽して、より神に近づくのが新プラトン主義の目指すところ。

 

会社に、上司に、仕事に、客に、文句を言いたくなる日もある。

しかし、ただ「愚痴」を言うだけだったら考えて欲しい。

あなたは何のために働いているのか?

より自分を、相手を、会社を、そして社会を良くしていく…その考えを持って仕事に取り組めば今まで見えなかったことが見えてくるかもしれない。